ORDINAREでは、クライアントさまの制作がメインで、なかなか実績掲載が追いついていないのが現状ですが・・。

今年から映像・写真の新たなメンバーが加わり、ブランディングに映像エッセンスを入れることが増えてきました。

先日のFoodEXPOでもプロモーション映像を流しながら商談に臨むクライアントもあり、商品企画ーチラシ、リーフレット、ウェブサイトなどの販促ツールと合わせて魅力的な商談会ブースづくりのサポートも行っています。

映像の事例については、以下のリンクまとめていますので、ぜひ、ご覧ください。


Kuraoka-SMOKE
鹿児島で燻されて
旅をする。

鹿児島で燻製チーズや燻製ナッツを製造販売する倉岡スモークのリブランディング第二弾。

もともとワンツーチーズの名で販売されていた燻製チーズに「鹿児島」の要素をプラスし、手土産やおもてなしとして活用していただける形へリブランディング。一年前に出展した FOODEXPOをきっかけに、百貨店イベントや老舗旅館の白水館での取り扱いがスタート。

第二弾では、旅先でも上質なひとときを過ごしてほしいをテーマに、鹿児島で燻されたチーズと一緒に旅するイメージ映像を作成し、一貫したイメージ戦略の一部とした。

倉岡スモークについて詳しくはこちら


Washoku ikeda
和の料理人の
新たな扉を開く。

福岡県・朝倉郡筑前町にある和食処いけだ。

老舗旅館の料理長を13年経て、筑前町に店を構える和食処。添加物を一切使わずに作る丁寧な和食は、上質なだしの香りと旨みがカラダに沁み込む味わい。

念願の夢だった手打ち十割蕎麦を本格的にメニュー化したいと相談を受けたことで、そば職人ではく「和の職人が作るそば御膳」ということにフォーカス。本物の和食作りの工程で奏でる音は、日本人の魂に語りかける美味しい響きとして、「音で奏でる職人の技」として蕎麦打ちからの一連の工程を映像にまとめ、Webサイトやリーフレットを刷新。のぼりやタペストリーも作ることで、「手打ち十割そば」を外観からもお客様に伝わるカタチとした。

和食処いけだについて詳しくはこちら


Fortunebrows

マレーシアから
風水×美眉メソッドを日本に展開!

マレーシア・クアラルンプールにサロンを構えるYU academie

様々な美容メソッドが流行る中、今の時代を生きるためのアイブロウメソッドを日本に展開したいとの相談を受け、全都道府県に1ヶ所ずつの代理店を作る仕組みづくりと販促を展開。

Fortunebrowsの最大の特徴は、風水眉理論をもとに、その方にぴったりの眉をデザインをすることができる専用キットを開発したことで、カンタンに美眉を作れる技術を習得することができるということ。

流行に合わせたデザインでなく、「ワタシに似合う眉にして欲しい」というお客様に対応するために、その方に合った眉をデザインし、「ワタシを完成させる」がテーマです。

全国のサロンに新しいメソッドを導入するにあたり、ORDINAREでは販促ツールとなるリーフレットやウェブサイトをはじめ、インストラクションで使用するテキスト制作や認定証などのデザインをサポートしています。

Fortunebrowsについて詳しくはこちら


noguchi igusa

唯一無二
手染めいぐさ工房と工房直営ショップ

福岡県・柳川市にある野口いぐさ染め

現在三代目の代表が、農家さんから直接いぐさを仕入れ、丁寧に手染めを行なっています。いぐさ染色を行う企業は、どんどん減少し、今では2−3社ほどしかありません。高級いぐさと言われる八代産いぐさにこだわり、香り豊かな商品は、「いぐさの良い香りがする」とお客様に好評です。

そんな手染めいぐさの良さをもっと伝えたいと、ORDINAREでは数年前からサポートしています。

大切な日本の文化。いぐさから作られる畳やござには優れた抗菌効果やリラックス効果があることでも知られていますが、最近は畳のある部屋が少なくなってきました。畳の部屋のないマンションでもいぐさの香りや質感に癒されて欲しいと考えて作った「いぐさのそのままを商品にしたスワッグ」は、マルシェなどのイベントの人気商品となりました。お客様のニーズにお応えできるカスタムスワッグが購入できるショップ作りも工房横にオープン! ORDINAREでは内装とディスプレイも提案し、実際の現場も一緒になって作り込んだので思い入れ深いショップとなっています。

野口いぐさについて詳しくはこちら


その他の実績はこちらをご覧ください。